婚活男性のショッキングすぎる本音を公開、リアルな男性の意見を紹介

婚活中で、男性側のリアルな意見が知りたい。

自分の婚活に、婚活男性の意見を取り入れて早期に婚活卒業したい女性向け。

今回は婚活中の女性必見、婚活している男性のリアルな「本音」について、ショッキングな内容も含めてかなり毒舌気味に紹介していきます。

※こちらの記事はリアルな男性の目線・意見が含まれていますので、耐性がない方は読むのをお控えください。

婚活女性に対する男性の本音を叫んでいる画像

☆★各地の婚活パーティーは以下のリンクから★☆

東京で開催予定の婚活パーティー

神奈川で開催予定の婚活パーティー

大阪で開催予定の婚活パーティー

名古屋で開催予定の婚活パーティー

福岡で開催予定の婚活パーティー

その他の地域で開催予定の婚活パーティー

☆★結婚相談所なら大手のゼクシィ縁結びエージェントが断然オススメ★☆

ゼクシィ縁結びエージェント

☆★オタクの結婚相談所ならヲタ婚が断然オススメです★☆

ヲタ婚

☆★マッチングアプリなら筆者はペアーズが断然オススメです★☆

pairs3

婚活男性のショッキングすぎる本音を公開、リアルな男性の意見を紹介

仮面を被ろうとしている男性

30代、アラサーになって彼氏もいない!と焦って婚活パーティーに参加している女性は筆者の周りにも非常に多く、10名以上もう数年婚活を続けている女性がいます。

筆者には20代の女性の知人も多いですが、彼氏がいなくて婚活をしているけれど全然良い人に巡り会えないと言っているのは圧倒的に「30代やアラサーの女性」です。

この項目では、婚活女性に対するリアルな男性の意見を毒舌で紹介します。

婚活男性の本音:30代の婚活女性は「難アリ」

壁にもたれているブラウスを着た女性

30代の婚活中女性を婚活男性が見た場合にまず考えるのは「難アリ」女性か、そうでないか、です。

バリバリキャリアでお仕事頑張ってきすぎて恋愛を忘れてしまっていたり。

一人で快適なライフスタイルに慣れすぎて、我が強すぎたり。

少子高齢化社会と人口減少のダブルパンチなのに、専業主婦になりたいと浅はかな考えを強調したりと、「難アリ」の種類は多々あります。

女性も30代となれば相応の人生経験があると考えられるため、協調性がない、考えが浅はかなどの部分は男性からみて痛いと感じざるを得ません。

また、男性から見て「痛い」女性は、冗談が通じず、自分が気に入った人としかコミュニケーションが成立しない人です。

先日行ってきた街コンの「飲み友フェスティバル」の記事にも書きましたが、「痛い」30代の女性がいるテーブルは悲惨な有り様でした。

何をしにきているの?と説教したくなるぐらい、壁にもたれかかって男性と話す気すらない30代の女性や。

冗談を言って場を和ませようとしている男性に対して「気持ち悪い!」など、社交辞令の場で相手を傷付けようとするKYな30代の女性は「痛い」です。

つまり、30代の女性には社会人として当たり前程度のコミュニケーション能力が求められるわけですが、それを下回る人(10代の頃の気持りのままでいる人)が多いのも事実。

こうした30代の女性は、周りの男性から不人気になり街コン婚活パーティーでも嫌煙されることが多いため、注意しましょう。

30代の婚活女性のマウンティングがクソウザい

サングラスをかけて睨む女性

30代中心の婚活パーティーなどに行くと必ずいるのがこのタイプ。

謎のマウンティングをしてくる女性です。

男性目線で見て女性のマウンティングは下品ですし、誰の得にもならずウザいため、一気に恋愛の対象外になるため注意が必要です。

特に女性はマウンティングしている意識がない方もいるので、マウンティングしていないかな、と自分を振り返ってみることを強くオススメします。

例えば、聞いてもいないのに自分のことをベラベラと話し、男性の年収は500万円ぐらいが良い、海外旅行に月1回は行っているの~とか、自分磨きのためにホットヨガやってます!とか言う女性がいます。

女性同士だと「凄い!自分磨き頑張っているんだね!」となるかもしれませんが、男性にはまったくの逆効果で「自分磨きよりその性格を直した方が早くないですか。。。」と実は心の中で考えています。

年収500万円以上のステータスの高い男性は、自分に見合ったステータスの高い女性(若い、品がある、社会的な地位がある)を求めることが殆どなので、下品なマウンティング女性はまず選びません。

デブは無理、まず痩せてから婚活パーティーに行くこと

青空にNGと書いた旗を掲げている画像

30代にもなると女性は体型維持が非常に難しくなってきます。

男性も同様に、スマートな体型を維持している人は少なくなってきます。

女性からしても、体型を管理できていない男性はだらしなく映るもの。それは男性側からみても同じです。

婚活パーティーにきている女性は基本的にはスリムな女性が多いのですが、たまにデブな女性がきていることがあります。

太っている=自己管理が出来ていないと見られ、男性からの評価が落ちる場合が多いことはご存知かと思いますが。

30代ともなると自己管理以外にも、その体型で婚活はNGでしょ。。。というような冷たい目線も入ってきます。

ぽっちゃり好きな男性はいますが、男性の「ぽっちゃり」と女性の「ぽっちゃり」には10Kgぐらいは差がありますので、注意しましょう。

痩せてから参加するのが無難です。

婚活中の30代女性は焦りすぎていて「誠実ではない」

可愛い子から抱きしめられているのにしかめっ面の男性

これは30代の婚活女性に非常に多いです。

条件に見合ったステータスの男性と出会うために、とにかく出会いの数をこなしていると、男性からは「ガツガツしている」「焦りすぎている」と印象が悪くなります。

焦って何が悪いの?当然でしょ?と女性は思うでしょうが、女性と比べると賞味期限が長いと言われている男性にはアナタほどの焦りは存在しないことが多いもの。

いつか自分に合った女性が現れる、と考えている男性はアナタが思っているよりも多いです。

こうした男性との出会いが続いていくと、女性は更に焦ってしまうもの。

そんなとき、圧倒的に多いのが「誠実な男性が良いです」と記載しているのに、1つの出会いに誠実になれていない女性です。

こうした口先だけで相手に自分の条件だけを突きつけている女性はモテませんし、結婚まで至ることができません。

男性目線では、この人自分の意見だけを押し付けていて出会いを大事にしていないんだな、じゃあこの人は遊びの女だな、という風に考えられてしまうためです。

プロフィールカードに「誠実な人」など書いているのになかなか良い出会いに巡り会えない、という女性は「自分が1人ひとりの男性と誠実に向き合えていたのか」を改めて見つめ直してみると良いでしょう。

若い頃の気持ちのまま、需要がある!選べる立場だ!と考えている

呆れた顔で空を見上げているスーツ姿の中年男性

婚期がガッツリ遅れる女性に多いのはこのパターンです。

10代、20代の気持ちをそのまま引きずって大人になってしまった女性は意外に多く、筆者の知人にもいます。

華の時期を理解している女性は、20代前半に色んな男性と出会い、良い男を見つけたら放さないようにして、20代半ばには結婚してしまいます。

もしくは20代半ばから婚活パーティーなどに参加して良い男性を見つけ、30歳までに結婚できるようにプランニングしています。

30代で婚活している、ということは上記のいずれにも属さなかったということと男性から見られます。

男性目線で30代の婚活女性をみると、「30代で婚活しているということは、20代のころ自分を過信していたから結婚していないのかな」という「ちょっと下に見た目線」で見ています。

30代の婚活女性で勝ち組に入るのは、既に選べる立場ではなくなったことを受け止め、いまの自分を選んでくれる人がどんな男性なのかを理解できている女性です。

セールスポイントがない、理解していない

手を広げて驚くスーツ姿の男性

30代の婚活女性にとって、自分を売り込むための「セールスポイント」は非常に重要なポイントです。

例えば料理上手など家庭的な一面をアピールできると男性に響きやすいでしょう。

セールスポイントがないのにありのままの自分を見てくれる男性を求めています!と言える「痛い」婚活女性は、婚活パーティーに行くと20人中2、3人ぐらいはいます。

実家暮らしで料理もそんなに得意な方じゃない、年収も200~300万ていどで国家資格などを持っているワケでもない、かと言ってモデルさん並に美人というワケでもない。

上記のような女性の「ありのまま」を愛してくれる男性はいないと考えましょう。

だいたいの婚活男性だったら上記のようなステータスの女性と話すと、心の中で引いているハズです。

女性は男性にステータスを求めていますが、男性側も女性にステータスを求めているため、ありのままの自分にセールスポイントが何もないなら、ありのままの自分を見られると婚活ではマイナスにしかならない、と賢く理解すると良いでしょう。

立ち居振る舞いに品がなく、下品

笑いながら天井を見上げている女性2人組

20代の気持ちのまま30代になってしまっている女性に圧倒的に多いのが、下品な女性です。

30代と言えば、あるていど社会人としても経験があることから男性であれば「紳士的な対応」が求められます。

女性も同様、婚活パーティーという場にマッチした「品のある対応」が求められています。

婚活パーティーに行くと、大声で自分の話をマシンガントークする女性や、オバサンみたいな立ち居振る舞いをしている女性がいます。

もしあなたが同年代の男性と婚活パーティーで出会い、恋愛して結婚したいのであれば立ち居振る舞い、「女性の品格」には最も注意するべきです。

最近では婚活するためにフィニッシングスクールなどに通い、女性の品格を身に着けようとしている女性も出てきています。

そうした女性は、ステータスが高い男性は品性のある女性を求めていることを理解しているからです。

自分がしたい自分磨き(ヨガなど)ではなく、自分が求めている相手の条件に見合った女性になれるような自分磨きは、考えがスマートなので男性にとってウケるものです。

男性に求めている条件が高すぎる

腕をクロスさせている男性

30代の女性が結婚できない理由として最も多いのは、男性への条件付けによる婚期逃しパターンです。

非常に失礼な言い方になりますが、女性は20代の華の時期を過ぎるとどんどん価値が下がり、男性から本能的に「女として見られない存在」へと変わっていきます。

あなたが50代の街行く男性を見て、あの人カッコイイ!と言ったことはないと思います。

50代の男性はそもそも男として見れていない(生殖機能がある男性として本能的に見ていない)から、いてもいなくても関係のない、透明人間みたいな存在ですよね。

男性から見ると、30代の女性はその状況に片足突っ込んでいるようなもので、自分の子供を作る対象としてギリギリのラインにいる存在なのです。

コーヒーを飲むスーツ姿の男性

上記から、30代の婚活女性がまずやるべきことは男性に対する条件を付けないようにして、30代でも結婚したいと考えている男性を1人でも多くゲットすること。

年収500万円以上の男性を求めている女性は多いですが、実際に年収500万円以上稼いでいる男性の目線はこうなんです。

自分の稼いでいる金に飛びついてくる女性は多いからそれをセールスポイントにして、より若くルックスが良く自分にとって都合が良い女性を探したい、です。

探しているのは20代の若い女性で、30代の女性ではないのです。

30代の婚活女性に謎のマウンティングが多いと記載しましたが、30代で年収500万円以上の男性を掴まえられると考えていることが既に謎のマウンティングで、男性から見て「この人ダメだわ」となる大きな要素です。

大したセールスポイントもないのに自分を過大評価してマウンティングしている婚活女性、としか男性には見えないため注意しましょう。

お世辞の「お若いですね!」を本気にしている

呆れ顔で両手を広げている男性

30代の婚活女性でたまに「いくつに見えますか?」と聞いてくる女性がいます。

外見からマイナス10歳ぐらい若く見積もって「20代ですよね?」と男性は答えることが多いですが、そのお世辞を間に受けている痛い女性はNGです。

いつまでも若く見られたい、という女心を婚活パーティーの場で披露する意味はなく、逆に年齢に固執していて痛いだけですので、気をつけましょう。

ちなみに、婚活パーティーでこうした質問を投げかけてくる女性に対して男性は、「こいつ空気読めないKYだな」と考えています。

面倒くさい女のレッテルを貼られて一気に婚活圏外になるため、相手が聞いてこない限りは年齢の話は避けると良いでしょう。

良い男が自分を見つけて選んでくれる、と思っている

歩きながらキスをしている外国人男女

待っていても良い男性はアナタを見つけてくれないのが現実です。

むしろ、良い男は彼女の有無に関わらず色んな女性から常にアプローチがかかっているので、待っている間に他の女性に取られています。

良い男は少し動けばすぐに新しい彼女や結婚相手が見つかるので、女性に苦労していません。

年収500万円以上など、出会う男性のステータスに条件を付けている場合も同じです。

日本の男性の平均年収(中央値)は350万円ほど。そこから考えると年収500万円以上の男性の母数が少ないことが目に見えてわかりますよね。

で、あれば年収500万円以上の男性の取り合いが起きていると考えられますので、待っている時間=無駄な時間です。

30代の婚活女性が出会うために行くべき出会いの場所

後ろから男性に抱きしめられている女性

「婚活疲れ」という言葉もありますが、30代の女性は20代の女性よりも多くの出会いの機会が必要になりますので疲れている場合ではありません。

しかし、30代の女性の出会いの場所は20代の頃と比べると限られています。

街コンなどに行くと20代中心の出会いの場なのでアウェー。年齢的に勝てないことの方が多いため避けましょう。

30代の女性が街コンに行くと必ず浮きます。街コンは20代まで!

30代の女性が行くべきなのは街コンの中でも「婚活パーティー」です。

筆者が最近行ってみてオススメだった街コンの婚活パーティーは、婚活パーティーというパーティーです。

30代の女性が中心で、きている男性も変な人ではなくちゃんとした普通の男性でしたので、まだ行ったことがない方は行ってみてください。

■オトコン(OTOCON)に行ってきた感想はコチラから

30代の婚活女性が行ってはいけない出会いの場所

赤い糸が切れて叫ぶ女性

30代の婚活女性は普通の街コン以外に、25~36歳など年齢幅が広い婚活パーティーは避けましょう。

20代の女性と戦っても勝ち目はありませんので、同じ30代と戦える場所を選ぶことを強くオススメします。

ちなみに、最近流行している立ち飲み屋などにも30代の女性が多くきていますが、ワンナイト目的でない限りは行かないほうが良いでしょう。

出会いのある立ち飲み屋などにきている男性は基本的にワンナイトしたい男性です。

そこから良い恋に発展する可能性もないですし、遊びに時間をかける年齢ではないと筆者はお伝えします。

さいごに

ノートに書かれたThankyouの文字と添えられたお花

以上、今回はかなり辛口に男性目線で見た30代の婚活女性への印象を網羅してきました。

良い男性を見つけるためには男性が何を嫌うのか、どんな目線で30代の女性を見ているのか、というところを理解することが大切です。

男性の目線を理解することで他の30代婚活女性から一歩リードしてやりましょう。

☆★各地の婚活パーティーは以下のリンクから★☆

東京で開催予定の婚活パーティー

神奈川で開催予定の婚活パーティー

大阪で開催予定の婚活パーティー

名古屋で開催予定の婚活パーティー

福岡で開催予定の婚活パーティー

その他の地域で開催予定の婚活パーティー

☆★結婚相談所なら大手のゼクシィ縁結びエージェントが断然オススメ★☆

ゼクシィ縁結びエージェント

☆★オタクの結婚相談所ならヲタ婚が断然オススメです★☆

ヲタ婚

☆★マッチングアプリなら筆者はペアーズが断然オススメです★☆

pairs3

☆★すれ違いすら出会いに変える「クロスミー(CROSS ME)」もオススメ

CROSS ME(クロスミー)

☆★人気ブランドコーデが届く!毎日新しい自分発見!Rcawaii(アールカワイイ)★☆

アールカワイイ

☆★30代の女性が次に良く読んでいる記事★☆

婚活, 本音, 男性

Posted by webpc