婚活女性に売れ残りが激増中。結婚したいのにできないトラブルとは

婚活している期間が想定よりも長引いている。。。

婚活して結婚したいと思っているのに、どうしてなのか上手くいかない、という女性向け。

今回は、婚活女性に売れ残りが急増している状況や理由と、そんな時にどうすれば素敵な結婚に繋がるのかをお伝えします。

この記事を読めば、アナタが今ぶつかっている問題の解消、どうすれば良い出会いができるのか。少しの手助けになるかと思います。

頬に手を当てて不安そうにしている女性

☆★各地の婚活パーティーは以下のリンクから★☆

東京で開催予定の婚活パーティー

神奈川で開催予定の婚活パーティー

大阪で開催予定の婚活パーティー

名古屋で開催予定の婚活パーティー

福岡で開催予定の婚活パーティー

その他の地域で開催予定の婚活パーティー

☆★結婚相談所なら大手のゼクシィ縁結びエージェントが断然オススメ★☆

ゼクシィ縁結びエージェント

☆★オタクの結婚相談所ならヲタ婚が断然オススメです★☆

ヲタ婚

☆★マッチングアプリなら筆者はペアーズが断然オススメです★☆

pairs3

婚活女性に売れ残りが激増中。結婚できない女性が抱えるトラブルとは

悩める女性たち

理想の結婚を夢見て婚活している女性。

ですが、ここ最近、そんな婚活女性に売れ残りが激増している状況になっています。

テレビでも良く言われている「晩婚化」と「少子高齢化」がキーポイントになり、多くの恋愛をしたい、結婚をしたいと考える女性が溢れていっています。

それについてはこの記事の最後でお伝えするとして、まずは婚活しても結婚できない女性の特徴。

年代別に婚活が長引いている状況についてご説明します。

婚活しても結婚できない女性の特徴

両方の指を指している女性

この項目は婚活を長引かせたくない、既に長引いてしまっている、という女性必見です。

婚活していても以下のようなことが失敗の原因となり、婚活が長引いてしまう人が沢山います。

アナタにとって、世の中の婚活中の女性はすべてライバル。

以下の項目から原因に気づき→改善し→勝利(結婚)を掴む、という3ステップを達成して、ライバルに差を付けちゃいましょう!

婚活するタイミングが遅過ぎ、老いてしまっている

顔のたるみが気になる女性

いきなりこういうことを言うのも何なのですが。。。

婚活市場には、婚活に乗り出すタイミングが遅すぎて、既に男性のニーズにマッチしていない女性、が存在します。

男性のニーズ=自分よりも若い女性。

だったり

男性のニーズ=オバサンっぽくない見た目。

だったりしますが、そういうニーズを満たせていない女性の婚活は圧倒的に長引きます。

A子さんは30代後半でも20代のように美人でモテるけれど、自分は。。。と女性それぞれで「賞味期限」が異なるように、「婚活のタイミング」も女性それぞれなんです。

自分の賞味期限を把握して、タイミングを逃さないうちに男性にアプローチしていかなければ、いつの間にか見た目や行動がオバサン化していて相手が寄ってこなくなるかも。。。

婚活しようか迷っている、婚活しているけれど長期化している方は、自分にはまだ早いかも。。。と思うかも知れませんが、結婚相談所ペアーズなどのマッチングアプリを上手く併用して婚活をしておくことをオススメします。

自己理解ができていない

悩んでいる女性3人組

婚活市場において、自己理解が出来ていない女性は、自然と負け組に追いやられていきます。

自己理解ってなにか、というと。

男性にとってアピールできる自分の強みがあること、男性にとってマイナスに捉えられる自分の弱みを理解していること、です。

婚活だけではなく、人間関係における自分の強みと弱みが分かっていれば、男性に対して強みを売り込んで行けるし。

弱みは、事前に男性へ伝えて理解を促すことで、いざ自分の弱みが出てしまった際にトラブルにならずに済みます。

結婚相談所に行くと、こうした自分の強みや弱みの理解について、第三者のプロの目線で見て指導をしてくれるので、自分で気付いて直していくこと(客観的な目線による改善)ができない人は、積極的に利用した方が将来の自分の結婚に繋がりやすいです。

また、自己理解を進めていくことで婚活パーティーなどラフな出会いの場でも異性からモテやすくなり、自然と出会いの数が増えるという好循環に恵まれる人がいます。

良い出会いを引き寄せるためにも、自己理解を進めて、婚活の勝ち組になりましょう。

男性を選ぼうとしている

こちらを見つめているスーツ姿の外国人男性

プライドが高く、男性よりも上位の目線で、男性を選ぼうとしている婚活女性は意外にも多いです。

若い頃にそこそこモテていた女性に多いのですが、いつまでも男性を選べる立場だと考えてしまっていると、婚活が長引きます。

そうして、選ぶ側の姿勢でいてはダメだった!と気付いたときには、一番初めの項目でお伝えしたように「婚活のタイミング」を逃してしまい老いているため、ろくな男性が身近におらず、この中から選ぶぐらいなら独りで暮らそう、と考える人がいます。

これは、完全に婚活の失敗例です。

上から目線で男性を選ぶ、のではなく。

男性と同じ目線で価値観を擦り合わせる姿勢が大切です。

アナタにとって、どんなに良い男性だったとしても、アナタが上から目線で選ぶ立場にいる限り、その男性はアタナに対して良い部分を見せないでしょう。

多くの日本人男性はシャイだから、女性にすぐ自分をさらけ出すことはしないからです。

婚活パーティーに沢山参加しているけれど、なかなか良い男がいない!と考えている人は、考え方や接し方を変えてみると良いことをお伝えします。

シンデレラ扱いされ慣れている

ピンクのウェディングドレスを着た女性

女性はいつでも自分を気遣って、大切にして欲しいものですよね。

でも、男性に気遣いを求めすぎるのは良くないことです。

若い頃に合コンなどに参加しすぎて気遣われることが当たり前になってしまうと、このようにシンデレラ扱いしてくれる男性でないと満足できなくなり、30代に入ってからもパーフェクトに気遣いができる男性を求めてしまうため、大きく婚期を逃してしまいます。

筆者にもこの程度の気遣いもできない人は嫌だわ、と言いながら40歳を間近に控えて婚活中の女性の知り合いがいますが、「この程度」がかなりハードルが高い気遣いだな、と感じています。

世の男性の殆どは気遣いが出来ない人ですので、自分の当たり前が相手にとっても当たり前であると考えない方が良いですね。

気遣いができるということはそれだけ女性に慣れているということなので、20代、30代の男性だと遊んでいたり、女性を掌で転がしているような男性が多いでしょう。

シンデレラ扱いに慣れてしまうと、このように気遣いができる男性を求めるため、遊ばれる恋愛しかできず、婚活しても結婚に至らないまま、気付けば歳だけ取っていて慌てて結婚相談所に行っても、もはや手遅れになっていることも。。。

シンデレラにだって結婚のタイミングはあったことを覚えておくと良いでしょう。

専業主婦になりたがっている

ソファーでうつ伏せになりダラケている専業主婦

「専業主婦になりたい」と考えている婚活女性はまだまだ多いです。

特に30代以上の女性は、お母さんが専業主婦だったから、という理由で「それが当たり前」と考えている方もいるようです。

が、時代遅れの考え方なので、あまり表立って言うべきではないことをお伝えしておきます。

そもそも「専業主婦」は、何十年も前に日本が高度経済成長期だった頃の「過去の遺物」、「死語」みたいなものです。

アナタが「専業主婦になることで失う家計の収入のことを考えていない」、という女性であることをあえて男性にアピールする必要はないのです。

上記のようなアピールができるのは、若い20代のうちだけ。

社会経験も積んで賢く聡明な女性になっていく30代以上の女性は、口にするだけで結婚時期が遠のいてしまう、時代錯誤のワードなのです。

最終目標がいい男に出会うこと、になっている

おんぶしている男女

婚活パーティーに行ってみたけれど全然いい男がいなかった!とか。

こないだ相席屋で出会った男、ルックスはいい男でタイプだったけど、結局遊び目的だった!とか。

婚活が長引くと、目標がすり替わってしまっている女性がいます。

アナタにとっての最終目標は「結婚すること」でもなく「いい男に出会うこと」でもないハズ。

せっかく婚活パーティーに行ったなら、その貴重な時間を利用して「将来いい男になりそうな人」も探してみてはどうでしょうか。

アナタにとって「今」いい男ではなかったとしても、将来的にいい男になる男性は多く、そのサポートをアナタがすることでお互いに大きな幸せを手にすることができます。

既成品をお金を出して購入するのは楽ですが、それよりも1から作り上げた方が楽しいし思い出に残る貴重な時間になりますよね。

「今すぐ」を求めるあまり、昔は持っていた楽しもうとする感情を失ってしまうのは勿体無いことだと筆者は考えます。

自分にとってパーフェクトな男性を求めている

空を見上げる外国人男性

紳士的でいてスマートでルックスも良い、お金も持っていて収入も安定していて、仕事から帰ってきたら話を聞いてくれて、愚痴も言わず、料理や家事もしてくれて、休日はデートに連れて行ってくれて、欲しいものは何でも買ってくれる、浮気もしない。。。などなど。

自分にとってパーフェクトな存在、少女マンガのような相手を求めている人は、確実に婚活期間が長引きます。

そもそも、婚活市場に自分が出ていること=相手も婚活市場に出なければ相手がいなかった人、なので、自分にとってパーフェクトな男性であるワケがないんです。

パーフェクトな男性は恋愛市場で良い女性に掴まれていて、ほぼ100%婚活市場には参加してきません。

婚活市場では、どこを妥協できるか、が大事です。

婚活女性の年代別、困った状況

悩んで頭を抱えている外国人女性

続いて、婚活女性に良くある困った状況について、年代別に紹介していきます。

困った状況、と言っても人それぞれだと思いますが。要は「困ったちゃん」「イタイ婚」をしている女性ということです。

年代別にどんなことを婚活として取り入れるとイタイのか、参考にしてみてください。

また、下記のイタイ婚活をしていた!という方は少し自分を見直して、今の自分の年齢にマッチした出会い方を追求してみることをオススメします。

30代女性、婚活の現実

ガッツポーズしている3人の女性

婚活女性が最も多く、最も結婚に焦っている時期が30代です。

20代で友達と旅行に行ったり、英会話やヨガなどのスクール・習い事に精を出した結果、楽しいことに時間を奪われすぎて30代になって婚活しなきゃ!と焦る女性は多くなってきています。

20代の時も彼氏っぽい人がいなかったワケではないし、ワンナイトも経験しているけれど、どうもそういった出会いばかりで長続きしなかった、という女性は多いもの。

そんな女性がどこで婚活をすると結婚の出会いに繋がらないのか、紹介しましょう。

30代、相席屋や居酒屋で婚活相手探し

パーティーでワイワイ乾杯している男女

30代が決して婚活相手探しの出会いの場、として行ってはいけないのが相席屋や居酒屋です。

20代のときならまだしも、30代でこういうところで出会いを探している女性はかなりイタイですよね。いつまでこんなところに来てるんだ、と男性側も感じて遊び相手としてしか見なくなるため、真剣な出会いがあるハズがありません。

30代で婚活中の女性がまず行くべきなのは結婚相談所です。

なぜか結婚相談所に登録するのを恥ずかしいと考える女性がいるようなのですが、むしろ30代で結婚相手を探し回っている方が恥ずかしいので、そんなこと言っている場合じゃないことをまずは理解して、主観が一切ないプロの目線でアナタの現在の市場価値を計ってもらった方が婚活は成功しやすいです。

プロが見て、どの年代の男性からでも引く手数多ですよ!とお墨付きをもらえれば、その後の婚活が捗るでしょうから、まず結婚相談所に行くことをオススメします。

次に、30代の女性が婚活相手を探すために行くべきなのは婚活パーティーです。

30代の女性が街コンに来ているのを結構見かけるのですが、もはや30代を越えてしまうと街コンでは手に余る、ということを知り、素直に婚活パーティーに参加したほうが圧倒的に効率が良いでしょう。

筆者の知人にも30代になって鬼のように合コンに行っている女性がいますが、全然良い相手に恵まれず、合コンでお局様みたいになっているようです。。。

40代女性、婚活の現実

40代の外国人オフィスレディ

40代女性の婚活の現実はかなり厳しいものがあります。

40代になると相手にされるのは同じ40代の男性か、50代の男性です。そのため、同世代か年上の男性を狙うべきなのがこの年齢の女性たちです。

が!まだ子供を産めるかもしれない、という複雑な気持ちがある年代なので、なぜか40代(アラフォー)になると年下の男性を求め始めるというミスマッチが発生します。

そのため、この年代の女性の婚活は激しく長引きます。

40代でプロに頼み大失敗、マッチングアプリにも溢れかえる40代女性

机に肘をつき、考え事をしている男女

40代は複雑な年代だとお伝えしました。

30代までは若い頃の気持ちのまま突っ走っていた女性たちも、40歳にさしかかるにつれ、「あれ、このままだと結婚できないかも。。。」「子供産んで家庭を持つとか夢のまた夢かも。。。」と強い不安に苛まれるようになります。

そこで大半の人が相談に行くのが結婚相談所です。

オタクの女性なら結婚相談所のようなオタク向けの結婚相談所に行く方が多いです。

結婚相談所の方によると、40代でようやく結婚相談所を訪れる女性は既にタイミングを逃している方が殆どのようです。

また、子供を産んで家庭を持つ、という目標はまだ持っている世代なので、結婚相談所にきて年下の男性を求める方が非常に多いようです。

この年代になって初めて、女性は年下を求める男性の気持ちが解るようになりますが、時すでに遅し、後悔先に立たず、で自分のスペックに対して程よい年下の男性が見つかるハズもなく、婚活市場から徐々に遠ざかり、ペアーズなどのマッチングアプリで細々と婚活を進めているのが40代女性の婚活の現実です。

30代の女性は、上記のようなストーリー通りにならないためにも、30代のうちから結婚相談所で自分の強みを活かした婚活を進めるべきです。

40代で年下の男性を求めている婚活女性に朗報をお伝えすると、筆者の友人男性は20代半ばですが、ペアーズで出会った40代の女性と付き合っています。

元々ストライクゾーンが広いことが取り柄だったような男性でしたが(笑)、同年代の女性では価値観が合わず、甘えることができる年上の女性に惹かれたようで、現在はかなり良い関係です。

筆者の友人のように、年上の魅力や強みを十分に伝えていくことで、お金はあまり持っていないですが。。。若さのある男性をつかまえることは不可能ではないでしょう。

50代女性、婚活の現実

悩んでいる40代の女性

上記で説明した40代の婚活事情は残念ながらも希望の光が見える状況でしたが、50代の婚活は酷いものになります。

こじらせの極み、50代女性の婚活はオバサンとオジサンの我のぶつかり合い

ベッドの上で喧嘩している男女

結婚相談所の人にきくと、結婚相談所にくる50代の女性はほぼ100%年下の男性を求めるそうです。

理由はたったひとつ、同年代の男性だと「ハゲ」ていたり、「メタボ腹」だったり、「加齢臭」が酷かったり「我が強すぎたり」と見るに堪えないオッサンだから、だそうです。

傍から見ると50代の女性は十分にオバサンなので、若い男性が見向きするハズもなく。。。結局は同じオッサン、オバサン同士で婚活市場で結びつく他ないのが現実ですが、なかなか意見が合わず、我と我のぶつかり合いになることも多いようです。

特に50代で婚活中の女性は自分のルックスを棚に上げて、相手の男性のルックスを指摘するようなので、結婚相談所に行くと、まず自分もオバサンですよ、ということから教え込まれるそう(苦笑)。

婚活も長引き過ぎてしまうと独りが楽になってきたり、ちょっとおつまみする程度の恋愛で満足出来てしまったり、自分のスペックを棚上げして相手のスペックをなかなか認められない、など「困った」や「イタイ」のレベルが段違いになるようです。

最近では20代から結婚相談所婚活パーティーに通い詰めて良い出会いを探している女性が増えていますので、30代以上(特に40代以上)の女性が太刀打ちし辛くなってきています。

自分にとって良い男性と考えられる人が見つかったタイミングで、すぐに婚活卒業できるように、先手を打って行動していくことを強くオススメします。

まとめ

Thankyouと書かれたノートとお花

以上、今回は婚活中の女性に売れ残りが急増している理由と、年代別に婚活中で結婚ができないトラブルの理由を紹介しました。

どんな女性でも年齢が上がるにつれて「思い通り」の異性には出会い辛くなるものです。

そうならないうちに先手を打って行動していく。悪いところは改善していくようにすると良いでしょう。

☆★各地の婚活パーティーは以下のリンクから★☆

東京で開催予定の婚活パーティー

神奈川で開催予定の婚活パーティー

大阪で開催予定の婚活パーティー

名古屋で開催予定の婚活パーティー

福岡で開催予定の婚活パーティー

その他の地域で開催予定の婚活パーティー

☆★結婚相談所なら大手のゼクシィ縁結びエージェントが断然オススメ★☆

ゼクシィ縁結びエージェント

☆★オタクの結婚相談所ならヲタ婚が断然オススメです★☆

ヲタ婚

☆★マッチングアプリなら筆者はペアーズが断然オススメです★☆

pairs3

☆★人気ブランドコーデが届く!毎日新しい自分発見!Rcawaii(アールカワイイ)★☆

アールカワイイ

☆★次に良く読まれている記事★☆

女性, 婚活

Posted by webpc