なぜ女性は謝らないのか、謝れない「ヤバい女」を見抜く方法

「謝れない女」のテキストと男性を責め立てる女性 婚活・恋活情報

みなさんこんにちは!累計30万回以上閲覧されている恋活・婚活情報メディア「婚活情報JAPAN」の代表、木村です!

この記事を読んだアナタは、自分が悪いのに全然謝ろうとしない女性に「なんでなんだ?!」と憤っていたり。

自分は悪くないと思うけど、コッチが謝るべきなのかな。。。

とイライラしつつも折れざるを得ない状況にあるのではないでしょうか。

今回は、なぜ女性は自分から謝ろうとしないのか、についてを解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、関わったら損をする「謝れないヤバい女」について、今よりは理解しているかと思います。

それでは、本題に入っていきましょう!




「謝らない女」はなぜ謝らないのか、その理由

オフィスで指を指し合って言い合いしている男女

私もこれまで嫌というほど経験してきましたが、本当に女性は自分から謝らないです。

これは恋愛だけではなくて、ビジネス上でもそうだと感じている男性は多いと思います。

この項目では、自分が悪い時に素直に謝れず、損をする女性が陥りがちな心理について解説していきます。

もちろん世の中のすべての女性が以下に当てはまっているワケではなく、中にはちゃんと自分が悪い時は謝れる女性もいますので、誤解なきよう読み進めてください。

謝れない女の理由1:謝れば負けだと思っている

「WIN LOSE」と書かれた看板を指さす男性

謝れない女性の心理として、まず始めに挙げるのは「謝れば負け」だと思っていることです。

これには2パターンの理由があると私は感じています。

1つ目は、単純に自分に非がある部分を直視できていないタイプです。

仕事で失敗した時に第一声から言い訳をするような方には、こういうタイプが多く、自分の非を直視するまでに時間がかかる、もしくは直視すらしないパターンがあります。

2つ目は、男性に負けることにリスクを感じているタイプです。



これは男女平等とは言うものの、体力的にも女性は男性よりも力がありませんよね。

相手に非がある状態でケンカをしている際、男性側はあまり白黒付けることを求めておらず、悪いところは単純に「ごめんね」という一言がほしいだけだと思います。

気持ちを行動で示してほしいだけ、ですよね。男性からすれば、「謝ってくれた」という結果がほしいだけということになります。

しかしながら女性のケンカは感情優先です。感情が先に立つため、例え自分が悪かったとしても謝ることが難しいんですよね。

謝る=負けだと考えていると、謝ることで自分のポジションが左右されるため、なかなか素直に謝らず、男性を更に怒らせてしまうのですが、当の本人は「え?なんでそんなにキレるの?」と意味が解っていないということもしばしばです(苦笑)

謝れない女の理由2:謝り方が分からない

腹を立てた風に腰に手をあてている女性

人によって偏りはありますが、謝れない女性の中には「そもそも謝り方を知らない」という方もいます。

過去に私もこのような方とお付き合いしたことがあり、非常に困った記憶があります。

自分が悪かったとしても「謝り方が分からない」「どう謝れば良いか分からない」と言われると、男性からすれば「え。。。なにそれ。。。」と落胆してしまうと思います。



男性も仕事をしていくうえで失敗を重ね、どういう謝り方をすれば上司や取引先に気持ちが伝わるのか、というのを学んでいくと思いますが。

謝り方が分からない女性はそもそも厳しく叱責されることも、男性の役職者のような重責に晒された経験もなく、圧倒的に「自分から謝った経験が少ない」と言えるでしょう。

この場合、自分でしっかりと謝れるように努力しない限りは「誰にも謝れない」という低いレベルのままですが、本人がそれで良いのであれば男性はソッとしておくのが正解でしょう。

謝れない女の理由3:男が謝るものだと考えている

ベッドでそっぽを向いて考え込んでいる男性

謝れない女性の中には、「ケンカで折れるのは男性」と決めている方もいます。

男性からすれば、なんともまぁ都合の良いことだな。。。と感じて呆れてしまうかもしれませんね。

男女平等とは言え、「男なら泣くな」とか「男なら奢れ」とか言う昔の考え方が根付いている部分があるのは、男性が一番理解していると思いますが。

このようにケンカでは男が折れて当たり前、と考えている人もいることは覚えておくと良いでしょう。

謝れない女の理由4:プライドが高い

腰に手を当てて高圧的に指を指す大学生

謝れないパターンで典型的なのがプライドが高くて謝れないことです。

普段強気で負けず嫌いな女性だと、プライドの高さから折れることが出来ず、大きなケンカに発展してしまうことも良くあることです。

そうなると男性からすればひと言謝ってほしいだけなのに全然謝りの言葉が出て来ず、延々とケンカが続くため地獄の時間だと思います。

プライドが高い女性との恋愛は、ドMでない限り避けた方が良いと私は色々経験した結果考えています。

大きなケンカをして無駄な体力を使うより、効率的に、波長の合う人と暮らした方が良いでしょう。

謝れない女の理由5:意地っ張り

ベッドで女性を宥めている男性

これもプライドが高いことに近いパターンです。

気が強くて意地っ張りな女性だったり、ケンカは男が折れて当たり前だと考えているような女性の場合、自分に責があったとしても謝らずに話を逸らそうとしてくるでしょう。

こうしたパターンの女性と出会ってしまうと、男性はケンカも多くなるし、その度にもの凄いエネルギーを消費して生活のコスパが極度に悪くなるため、オススメしません。

謝れない女の理由6:自分は間違っていないと思っている

凄い剣幕で口論している女性

謝れない女性のなかでも相当厄介なのがこのタイプです。

客観的に見ておかしいことを言っているからケンカをしている、もしくは職場などで「なぜそうなったのか」について問いているのに

自分が正しい!と思い込んでしまい、全然謝ろうとしない人が世の中にはいます。

こういうタイプの方は自己愛が非常に強くて、「自分は他の人間よりも優秀だ」とか「私は他の子よりカワイイ、綺麗だ」と思っていますし。

「自分は本当に悪くないのに、なんでこの人は怒っているの?」と、息をするように責任転嫁が行われています。



男性からすればこういう方はもうサッパリ意味が解らず、ヒステリックであるとさえ感じてしまうかもしれませんね。

私の過去の経験を元にお話をすると、このタイプは非常に危険で、付き合うことでどんどん損をしますので、絡まないことが鉄則です。

謝れない女の理由7:実は納得していない

背中合わせで喧嘩している様子の男女

謝れないという心理は、納得しているか/していないのかによっても変わってきます。

自分が悪かったな。。。と腑に落ちていれば「ごめんなさい」と言えるけれど、いまいち腑に落ちていないから謝りたくない。

という場合もあるでしょう。

謝れない女の理由8:男の態度が怖い

キッチンで女性に手を上げようとしている男性

男性の態度が怖くて、身体的に何かされるのかも。。。と不安が強くなった場合、謝ることが出来なくなってしまう女性もいます。

男性側からすれば対等なつもりで話しているでしょうから、なぜそのようなことが起きるのか気持ちが分からないと思いますが、

女性は体力的に男性と比べて弱いことの方が多いですよね。

そのため、力や威圧力の強い男性が怒っている状態に不安や恐怖を感じることもあるでしょう。

そうするとパニックになってしまって逆に謝れないということもあり得ることですね。

謝れない女の理由9:正当化が癖になっている

手を前に出し相手を制しようとしている不機嫌そうな顔の女性

アナタが何か悪いことをした際、謝るべきか。。。それとも言い訳をしようか。。。と悩んだうえで「謝ろう!」としたとします。

これは「アナタが謝ることを選択した」ということですよね。

つまり謝れない、謝らないという女性は「謝らないという選択をしてきた」ということになります。

人生は選択の連続ですし、同じ選択をしてきた場合はパターン化しますので癖になります。



なにが言いたいかと言うと、謝らないことを選択してきた女性は正当化することが癖になってしまっているため、言い訳やへ理屈でのらりくらりと相手の叱責を回避し、自分の非を認めないということが染みついています。

このような対応を続けているとナチュラルに「自分は何をやっていても悪くない」と思っていますので、相当に厄介だという事は覚えておくと良いでしょう。

こういう女性が仕事場に1人いると、チームワークが極端に乱れたり。その女性だけ著しくサボって自分勝手な行動を取ったりすることが起こり得ます。

謝れない女性を事前に見抜く方法

小指を赤い糸で結ばれて微笑む新郎新婦

謝れない女性を見抜く方法はあります。

それは

  • 思考が極端
  • 相手の気持ちが分からない
  • 被害者意識が強い
  • 自分の売込みが激しい
  • 決して無理をしようとしない

上記のようなところがないか、コミュニケーションを取りながら見てみると良いでしょう。

男性のことが怖いという場合を除いて、謝ることができない女性は基本的にマイワールドに生きていて、自分の世界観から抜け出そうとはしません。

そのため被害者意識が強く、少女漫画のヒロインのような思考回路で日常を送っています。更に、自分にとって都合が悪い人は全員敵としてみなしますので、敵に対する攻撃性、執着性が高いのも特徴です。

ということはつまり、普通に話しているだけなのにやたらと自分の話、面白かったエピソード(とは言え聞いていて全然面白くない)が飛び出してきたり。

まるで波乱万丈に富んだ人生を歩んできた!というような口ぶりだったりして、相手に自分の世界観を気に入ってもらいたい!と子供のような行動が多くなるんですね。



自分のことを否定されたと感じたらイコール「敵」とみなしてもの凄い剣幕で攻め立ててくる、という攻撃性についても、子供だと考えると納得がいくと思います。

そういう「謝れない女性ならではのポイント」を覚えておくと、より「ヤバい女」を見抜きやすくなるでしょう。

さいごに

ホワイトボードに書かれた「最後に」の文字

以上、今回は謝れない女性について解説してきました。

過去に謝れない女性と付き合ったことがある男性の方は、「あー、あるある!」と頷かれているのではないかと思います(笑)

私も過去に謝れない女性と付き合ったことがありますが、論理が通用する相手ではないためストレスフルな毎日を送った記憶があります。

男性にアドバイスしますが、こうした女性と付き合うと相当苦労する覚悟は必要です。自分が犠牲にするものとしっかりとトレードオフしていくことを強くお勧めします。

最後に、婚活情報JAPANはYoutubeチャンネルも配信しています。

不定期更新ですがモテる男性・モテる女性になるために気を付けることなど恋愛・婚活・結婚生活に関するノウハウを解説していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

婚活情報JAPANのYoutubeチャンネルはコチラから




☆★次に良く読まれている記事★☆

恋愛心理学で狙った女をコロッと落とす方法、すぐにマネできるテクニック
女性との出会いはあるものの、なかなか思うように女性を好きにさせること、落とすことが出来なくて悩んでいる男性必見。心理学を活用して女性が自分のことを好きになる確率を高める、マル秘の恋愛テクニックについて紹介しています。
要注意!結婚してはいけない女の職業と特徴はコレ【完全保存版】付き合うとかもってのほか
「結婚してはいけない女性の三大職業」って知っていますか?昔と今では男性が結婚したいと思う女性の職業は、大きく変わっているんです。気を付けないとギャップを見誤ってしまい、不幸になるなんてことも!?
マジうざい「かまってちゃん女」の特徴や心理、彼女にしたら人生ハードモードで積む理由
かまってちゃんな女性って、無駄に時間もお金も、更に気も遣うしでマジで面倒臭いですよね。そんな「かまってちゃん女」の特徴や心理、彼女にしたら人生が終わってしまう理由について解説します。
保育士との結婚はやめとけ??意外に結婚できない保育士の実情とは
保育士との結婚はやめとけ??それともした方が良い??彼女や知り合った女性が保育士だけれど、結婚をどう判断したものか。本当に今の子で俺は幸せになれるのか不安じゃないですか。男性からしても結婚に職業は大事なんです。看護師との結婚について、この記事では詳しく紹介しています。
オタクの街コン「アニメコン」に行ってきた感想レポート
アニメコンに1人で行ってみた感想を記事と動画で解説!オタクの街コンに行く「注意点や参加のコツ」を知りたい!という方は必見です。
オタクの髪型って漏れなくダサい!これで脱オタク、ヘアセットのコツ
オタクの髪型って漏れなくダサいですよね。。。脱オタク髪型したいオタクの男性必見!オタクっぽく見える髪型を改善し、アナタのカッコ良さを引き出すためのスタイリングのコツを紹介しています。この記事を読むことで、なぜ自分の髪型がダサいか把握し、具体的な改善ステップを踏むことができます。
仕事ができない人の特徴を網羅、周りにいるとイライラする「四流ビジネスマン」とは
近くにいるだけでイライラするような、全然仕事ができない人っていますよね。この記事では、仕事ができない人の特徴を徹底的に網羅し、「こういう人は仕事ができない」という完全保存版の内容を紹介しています。
デート代を奢られて当たり前だと思っている女はヤバい女、縁を切るべき理由
【デート代について悩んでいる男性向け】奢られて当たり前、当然だと思っている女性と別れるべき理由・見極めるタイミングについて紹介。奢られ厨の女性と別れた方が幸せになれる、たった1つの理由をお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました