ピンとこない男性との恋愛はアリ?そもそもピンとくるって何?そんなの信じてOK?

ピンとこない恋愛の文字と公園に背中合わせに座る男女 婚活・恋活情報

ピンとこない恋愛の文字と公園に背中合わせに座る男女

みなさんこんにちは!恋愛・婚活情報メディア「婚活情報JAPAN」の代表、木村です!

ピンとくる人に出会いたいけれど、なーーーーんかピンとくる人っていないんだよなぁぁ~。。。と思っているあなた!

今回は、ピンとこない相手との恋愛がアリ寄りのアリなのか、ナシ寄りのアリなのか、ナシ寄りのナシなのか(いやもう面倒くさいわ!!)について、既婚者としての意見や所感から解説します。

また、そもそもピンとくるって何やねん!ガンダムけ?ガンダムのやつけ??とか。

そんなニュアンス最高潮MAXイエー!みたいなものを信じて、男を探していて良いのか不安な気持ちもある。。。

ということもあると思い、記事を書いていきます!

☆★直接出会える婚活パーティーはコチラ★☆

☆★感染症が怖いなら、オンラインで出会えるマッチングアプリへ★☆
CROSS ME(クロスミー)

ピンとこない相手との恋愛って、どうなの?

「ピンとこない、どう?」のテキストと悩んでいる様子の女性

まず本テーマである「ピンとこない恋愛」について結論をお伝えします。

ピンとこない恋愛の場合、2つの結論があります。

  1. 恋愛相手としてなら、アリ
  2. 婚活としてなら、ナシよりのアリ

だと個人的には思います。

理由として、なんかピンとこないんだよなぁ~。。。とか、なんかしっくりきてないんだよなぁ~。。。という相手との時間なので。

恋愛だったら一時で別れてしまう可能性も、複数回会っていくうちに気持ちが変わっていく可能性も全然あるからOKですよね。自分が良ければすべて良し!ピンとこないけど顔がイケメンだからオールOK!!!とか、恋愛だからこそ許せる部分は全然あると思います。

ただ、みなさんが一生一緒にいる相手を探す「婚活」をしているなら、それはもうナシ寄りのアリ。。。いや!ナシ寄りのナシと言っても過言じゃないかなと僕は思います。

婚活中で恋愛経験もそれなりにあるなら、自分の気持ちに素直に行動した方が良いかもしれません。

念のため、いまいちピンとこない相手との恋愛・婚活におけるメリット/デメリットを個人的な所感からいくつか挙げておきます。

いまいちピンとこない相手との恋愛するメリット・デメリット

「ピンとくる恋愛?」のテキストと、キスをしているカップル

異性との恋愛を楽しむことが好きだったり、まだまだみなさんが20代の初め~半ばぐらいとか。

将来子供はいらないと考えている、とかだったらピンとこない相手と恋愛しても全然良いしメリットはあると思います。むしろその間にピンとくる相手を見つけて乗り換えキャンペーンしちゃう!ぐらいの勢いの人もいるんじゃないかと思います(倫理的にどうか、というのはおいておいて…)。

また、さっきお伝えしたみたいに、「初めは微妙だったけれど、会っていくうちになんだか良くなってきた。あ、コイツ自分にとってはアリ寄りのナシだわ!(いや結局ないんかい!!)」とか、そういう風に月日をかけると気持ちの部分が変わることもある、と思います。

一方、デメリットとしては、何となくしっくりきていないという相手と将来的に結婚しても、長い年月経てば「やっぱ違ったわ」という事になりかねないのではないかな、と感じる点です。

長い年月一緒にいることを考えると、やはり「この人が運命の人かな」と自分が素直に受け入れられる、しっくりくる人と一緒にいた方が良いですね。

なぜなら、付き合った時間やお金・労力の結果、それでも気持ちが変わらなかったら時間がもったいないからです。時間って使い方次第でアホにも賢(かしこ)にもなれる、最強の武器だと思います。

いまいちピンとこない相手と婚活するメリット・デメリット

ドレス姿でグラスワインを持ち完敗している女性

恋愛においてはまだまだマシだと思いますが、婚活でいまいちピンとこない相手と出会い、交際期間を設けて会っているとデメリットの方が大きいです。

結婚相談所とかに行くと「ピンとこない相手でもとりあえず何度か会ってみて!」と言われると思います。言われたことあるわー、という方も、もしかするとこの記事を見ている方にいるかもですね。

これはもちろん理にかなっているから言われていることで、結婚相談所に行く方って

  • しばらく恋愛から遠ざかっていて結婚までに超えるべきハードルが高い
  • 自分で婚活していたけれど上手く行かないから軌道修正してもらいたい
  • 恋愛経験が少ないため、アドバイザーからアドバイスを聞きながら進めたい
  • 結婚したい気持ちの相手が多いところで相手を探し、効率的に結婚したい

みたいな方がくると聞いたことがありますし、実際に僕が行くなら上記のような状況(特に僕なら、効率的に結婚したいから相談所に行くというタイプですね)だと思います。

特に恋愛経験が少なかったり、しばらく恋愛から遠ざかっていた30代後半や40代以上の方などはピンとくる相手の基準も持っていないということが多いため、感覚含め強化を図るために場数を踏ませてくれているんだろうなと僕は感じています。

あと恋愛ってやろうと思えば誰でも出来ることなので、なぜか「自分の恋愛が正しい」みたいな気持ちになっちゃって、間違ったやり方や捉え方を続けてしまうこともあります。そういうのを正すためにも場数が大事かなと思います。

一方で、そういうレベルにいない人。普通に恋愛出来ていて、あまり異性が途切れたこともない、もしくは作ろうと思ったらどんどん行動してすぐ作ってしまえるぐらいの恋愛強者なら、婚活中でのピンとこない相手との時間はメテオ並みに破壊力抜群なのでNGです。

理由は簡単で、使える時間が全然変わるからです。

置時計とその後ろに置かれた花

婚活期間って短ければ短いほど、その後の妊活や子育て期間に時間が使えます。長引いてしまうと、特に女性は年上の40代や50代の男性からしか声がかからないようになったりと、ニーズが先細ってしまうというのが辛いところ。

女性だけでなく男性も、30代半ば~後半に差し掛かってくると年齢や体系・外見などの問題もあり、アラサー前後からの女性が対象県内にギリギリ入るか入らないかぐらい。。。いやむしろアウトか。。。と言った具合に、実はニーズが先細りしています。

30代後半や40代で大学生と恋愛するとか、恋愛強者がやることなので極々一握りの人しかやれません。

なので、婚活時期においては「ウサインボルトの如く颯爽と走り切れ!」、が座右の銘でも恥ずかしくないぐらいです。通常だったらめっちゃ恥ずかしいし意味不明な座右の銘ですが、婚活パーティーや仮交際デートで会った異性に言った日には「おぉぉぉぉぉ~!!!!」と相手の男性・女性からスタンディングオベーションが起こるぐらい意識高い系の的を射た発言だと思います(笑)。

まぁ実際にやったらアドバイザーの人から「コイツめっちゃアホや」と思われるか「突き抜けた陸上好き」のどちかの判定をされると思いますが。。。ウサインボルトぐらいスピード感は重要なんだと思ってください。

婚活中の人がやたら言う「ピンとくる」って何者!?

小指と小指を繋ぐ赤い糸

これ僕は結婚を意識して相手を探している方からめっちゃ聞きます。

会ってみたけど何かピンとこなかったんだよねー、とか。何回か会った結果、やっぱりピンときませんでしたと言われた。。。とか。

「ピンとくる」ってなんやねん!!!具体的なヤツだせや!!!こんなもんアレや、ぼったくりバーとかで1杯飲んで10万円って請求された時に「こんなもん払えるか!店長だせや!!」って言うてるのに、奥からボーイが出てくるぐらいピンときてへんわ!!!とツッコミを入れている方は多いんじゃないでしょうか。特に「ピンとこない」という理由で振られた人は、「ピンとくる」への殺意ハンパないと思います。

ピンとくるってつまり何かというと、感性にマッチするかだと思います。

  • 外見が好み
  • お店での所作が良い
  • 服装のセンスが良い
  • 細部で荒が出ない
  • 雰囲気も良い
  • 会話が弾んだ
  • 金銭感覚が合う

などなど、自分が求めている「相手へのニーズの塊」が「ピンとくる」のニュアンスで誤魔化しまくられた奥に潜む何か、だと僕は思っています。

ゲームで例えるならラスボスがいて、そのラスボスの前にうっっっすいレースのカーテン(花柄付き)が敷かれていて、うっっっっすら向こうのボス見えるなぁぁ~・・・ぐらいの、そんな状況がつまり「ピンとこない人」だと思います。

ピンとくる人との出会いはどこに行けばあるのか

「ピン!に出会えない」の文字と床に座り膝を抱えうつむく女性

先に「ピンとくる」っていったい何者やねん!?という正体をお伝えしたのは理由があります。

ピンとくる男に会えんわあ~・・・ピンとくる人ってどこにいるの??と感じている人は、さぞかしピンとくる男性に出会って、ピントを合わせたいところだと思います(上手いこと言ったぜ、とコッソリ思っています)。

でも実際は全然会えない、ですよね。

ピンとくるということの本質は、個人的には「お互いのニーズを合わせる作業」だと僕は思っていますので、気持ちの面で受け入れ態勢が出来ていないとピンとも来ないだろうなと思っています。

そして、ピンとくるのは出会った瞬間にビビビッ!とくるようなものじゃなくて、日常を過ごしていて何気ないタイミング、気持ちが相手を受け入れやすくなっているストレスフリーーー!!!な状況でふと、本当にふと感じるようなものじゃないかな、と解説します。

実際に僕も奥さんと一緒になりたいな、と感じたのは、付き合って何度か会ううちに共通の友人がいることが解ったり、以前から使っていた占いアプリでなかなか出なかった「運命の人」が出たり(笑)、というちょっとしたエピソードが積み重なって結婚へ意識が向きました。

なので、ピンとくる出会いがないなという人は、「とりあえず100人と会って楽しく話して相手を知る!」という感じでやってみると良いと思います。

withコロナでなかなか街コンなどで大量に会うのも難しい時期なので、マッチングアプリで出会ってオンラインデートを試している人が多いらしいです。

沢山の人と出会うのであればぜひやってみると良いと思います!

さいごに

青空に向かって指を指しているタンクトップ姿の女性

以上、今回はピンとこない男性との恋愛がアリかナシか。そして、そもそもピンとくるって何やねん!?という疑問や不安を解消できるように書いてみました。

個人的な結論としては、ピンとこない異性は恋愛関係ならアリですが、婚活で将来結婚を目指しているならNGです。

ピンとくる方に出会えるよう、婚活パーティーでも全然OKですが、沢山の出会いを経験して行って目的の人を探し当ててください!

☆★直接出会える婚活パーティーはコチラ★☆

☆★感染症対策しながら出会える!?オススメ婚活パーティー★☆
マスクdeお見合い

☆★感染症が怖いなら、オンラインで出会えるマッチングアプリへ★☆
CROSS ME(クロスミー)

☆★次に良く読まれている記事★☆
恋愛に向いていない、付き合うのに急に冷める理由と対処法
疲れた、もう嫌だ、と感じる恋愛は終わらせるべき?恋愛無気力を脱出するコツ
遠距離恋愛に疲れたアナタが知っておくべき、アナタに向いた恋愛方法
ゲーム好きな彼女が作れる!ゲーム好き女子を上手く落とすテクニック
あの人は大丈夫?結婚相手に必要な条件、要らない条件診断
婚活パーティーで出会って結婚した友人の話、結婚までの期間を紹介
婚活パーティー口コミ・評判ランキング【完全保存版】
結婚したいけど出会いがない!最速で運命の人と出会う方法とコツ
結婚したい人がいない。。。婚活の失敗を成功に変える方法
婚活パーティーにいい人がいないのはなぜ? 理由と出会いの質を高める方法
どうやって婚活するのか、やり方が分からない。婚活の正しいやり方を説明

婚活でピンとこない相手が多い理由、しっくりきていない出会いを成功させるには

タイトルとURLをコピーしました