デート代を奢られて当たり前だと思っている女と、縁を切るべき簡単な理由

突然ですがこの記事を読んでいる男性のみなさん、デート代はいつもあなたが出していますか??

毎回デート代を出していたら辛いし、何のために稼いでいるのか分からなくなりますよね。

腹の立つことに、たった数万円収入が異なるだけで月の何万円ものデート代を男性が支払い続けることが起きたり。

アナタがデート代を支払うことが当たり前になってしまい、支払いをしても御礼も言わない失礼な女性は多いものです。

今回はデート代を奢られて当然だと思っている女性と出会った男性、実際にそういう女性と付き合っている男性向けに。

「奢られて当たり前だと思っている女性とはソッコーで縁を切った方が良い」と考えるに至った、たった1つの理由と筆者のこれまでの経験談をお伝えしていきます。

この記事を読むことで「奢られて当たり前」だと思っている女性との今後や利用方法について、意思決定の後押しができます。

可愛い子から抱きしめられているのにしかめっ面の男性

☆★各地で開催される街コン一覧は以下のリンクから★☆

東京の街コンはコチラから

神奈川の街コンはコチラから

大阪の街コンはコチラから

名古屋の街コンはコチラから

福岡の街コンはコチラから

その他地域の街コンはコチラから

☆★広告枠★☆

デート代を奢られて当たり前だと思っている女と、縁を切るべき理由

困惑して手を広げているオフィスレディ

結論から言います。

デート代を奢られて当然だと思っている女性、毎回デート代を男性に払わせているのにお返しすらしようとしない女性と付き合うことに価値はありません

大切なアナタのお金や時間、優しさを利用されるだけです。

筆者は街コン婚活パーティーに参加して女性と話したり、落としたりするのが大好きな「女好き」ですが、色々な女性を見てきた経験から奢られて当たり前な女ほどタチが悪く面倒くさい女です。

男性であれば「投資(コストに見合ったリターンのあること)」と「投棄(コストだけかかり何もリターンがないこと)」の違いをご存知の方は多いかと思いますが、デート代を奢らせて当たり前だと考えている女性との時間や、その女性に使ったお金は確実に「投棄」にあたります。が、当の女性本人はそのことなんて考えてもおらず「ラッキー!」程度のレベルでしか考えていないことも多いものです。

そのため、筆者は奢られて当たり前だと考えている女性。お返しもロクにできない女性に対して、アナタの大切な時間やお金を使う意味はないため、ソッコーで縁を切る方が良いとお伝えします。

アナタにとってお金を払っても問題ないと言えるだけの最高の女性であれば支払う価値がありますが、少しでも疑問が残るなら別れて街コンで次の相手を探した方がアナタのためになるでしょう。

既に結論はお伝えしましたが、ここからはなぜ奢られて当たり前だと思っている女性と縁を切った方が良いのか、縁を切るタイミング、利用するならその方法について、理由を細かく紹介していきます。

奢られて当たり前だと思っている女との関係は、付き合うメリットと費用対効果を見ること

コーヒーを飲むスーツ姿の男性

筆者が奢られて当たり前だと思っている女性とすぐに別れるべきだと考える第一の理由が「奢っても何のメリットもないから」です。

奢ることで何か奢った男性側にメリットがあるのであれば、男性が支払ったお金や時間は活きますので、支払うことを躊躇する必要はないでしょう。

例えばデートでディナー代を奢ってあげた次のデート、ランチやカフェを奢り返してくれる女性は「社会人として当たり前のことがちゃんとできる女性」ですので、男性側にも将来的なメリットがあるお付き合いになります。

金銭的に自立している女性と出会えたということは、将来家族になった時に安心して家計を任せることができるため、男性もこの子になら奢ってあげたいと気持ちよく奢ることができます。

ちなみに、奢られて当たり前のような顔をする女性は男性への依存度が比較的高めですが、プライドは高いことがあり扱いづらい「ワガママ女」、つまり地雷であることが筆者の経験では多かったため、要注意です。

机の上に置かれた日本札と硬貨

多くの奢られて当然だと考えている女性は自分のことしか考えていませんので、「ありがとう!」というだけで何もお返しはしません。

また、相手のメリットになる行動を取ろうともせず、たいていの場合が口先だけです。

こうした、奢られてラッキー感覚のイタイ女性は上手く利用するようにしましょう。

アナタにとって何のメリットもないのにお金を使っていたのでは本当に無駄ですので、その女性と過ごすことで得られるメリットと支払ったお金の費用対効果を考えてみることを強くオススメします。

筆者はこうした女性と出会った際は恋人候補から遊び友達に即降格、街コン婚活パーティーに参加して次の相手を見つけるために積極的に動くようにしています。

真剣に結婚を考えている、良い女性と巡り会いたいと考えている男性こそ、奢られたまんまの女性とは縁を切ることをオススメします。

筆者も過去に色んな女性と出会ってきましたが、男性が奢って当たり前でお礼は「ありがとう!」だけ言っておけば良いと考えている自分勝手な女性と長く一緒にいると、男性は間違いなく不幸になります。

早めに縁を切り、奢られたらお返しするという当たり前のコミュニケーションスキルのある女性を見つけましょう。

奢られて当たり前な女は口先ばかりで何もしない

花かんむりをして口元に人差し指をあてている女性

筆者が過去に出会ってきた奢られて当たり前だと思っている女性は、たいてい口先だけで何も実行しない自分にも他人にも甘えている女性でした。

例えば、「いつも奢ってくれてありがとう!こんどの○○代は私が出すね!」と言っていたのに何ヶ月経っても何もお返しがない、なんてことは奢っている男性には良くあるパターンですが。

自分が言ったことすら守れないような甘えた女性との将来は前途多難。

これが会社だったら絶対にしないようなことを、大切な彼氏相手にやってしまう女性は、結局のところ口先だけで自分が一番大切です。

口先だけの女性かは、縁を切るためのポイントの1つとして見ておくと良い点です。

デート代を奢られて当たり前だと思っている女に見切りをつけるタイミング

しかめっ面の女性

デート代を奢られて当然だと思っている女性に見切りをつけるタイミングが筆者にはあります。

1回目のデートは、どんな場合でも男性が多めに払う、もしくは奢ってもらいたいと考えている女性が多いため1回目のデートで見切りをつけるのは早すぎるでしょう。

だいたい3回目ぐらいのデートになってもお返しもなく、奢り返してくれるワケでもなく、ただ自分が行きたい場所を連絡してくるような女性は地雷の可能性大なので要注意です。

自立している女性なら、2度目のデートで飲み物代だけでもお返しするなど、大切な人だからこそ考えて行動していることをアピールしてくるものです。

何度かデートを重ねているのに上記のようなお返しの素振りがない女性は、そもそも男性がお金を払っていることに対して何も感じていないかも知れませんので、見切りを付ける参考にすると良いでしょう。

だって、お金を払っても何も感じておらず恋愛の評価点にも加算されないなら、その払ったお金は道に捨てて誰かが拾ったのと同じですよね。

さいごに

黒板に書かれたtheENDの落書き

以上、今回はデート代を奢られて当然だと考えている女性とソッコーで別れるべき理由を、筆者の過去の体験談を交えて紹介しました。

筆者は現在、婚活パーティーで知り合った、奢ったら奢り返してくれる自立した女性と無事に良い時間を過ごせています。

いま奢るばかりで辛いという男性は、街コンや婚活パーティーで良い女性に巡り会えるよう行動することをオススメします。

☆★各地で開催される街コン一覧は以下のリンクから★☆

東京の街コンはコチラから

神奈川の街コンはコチラから

大阪の街コンはコチラから

名古屋の街コンはコチラから

福岡の街コンはコチラから

その他地域の街コンはコチラから

☆★広告枠★☆

☆★次に良く読まれている記事★☆